TOP

履修モデル?主要科目の特長

履修モデル?主要科目の特長

國際マネジメント研究科國際マネジメント専攻の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

ここで紹介する履修モデルは、あくまでも一例です。

主要科目の特長

2021年度版(參考)
科目名 特長
マネジメント?ゲーム 本科目は、原則として學生4~5名1組で仮想の消費財會社の経営を行います。

カーネギーメロン大學など海外のMBAスクールの學生との合同のビジネスシミュレーションゲームを行い、グローバルな競爭を體験します。

全ての資料は英語で作成し、取締役會でプレゼンテーションを行います。

本科目の目的は、マネジメント、マーケティング、財務、會計、オペレーションといった會社機能の全體を把握するとともに、経営者が直面する諸問題(経営計畫の策定、取締役會での発表と承認、リスク管理、チーム內の動機付け、株主への情報開示など)を実際に経験することにより問題解決能力を向上させることです。

アドバンスト?コーポレート?コミュニケーション 本講義は、ジェイ?ユーラス?アイアール株式會社の寄附講座です。

企業(主に上場企業を念頭に置いています)のコーポレートコミュニケーション?オフィサーになるために必要な事項をロールプレイング方式も取り入れながら會得できるようにすることを目的としています。

具體的には、①証券アナリストや機関投資家の投資分析方法の理解、②投資家広報(IR)の理解、③企業のCSR活動の理解、④企業の財務政策についての理解、⑤長期の企業価値向上策(長期経営計畫)やガバナンス體制の理解、⑥企業情報開示(統合報告やアニュアルレポート含む)の理解、⑦ソフトロー下の開示政策の理解、というプロセスを経て、最後に総合的なプレゼンテーションを行っていきます。

企業分析とファンド?マネジメント?シミュレーションⅠ?Ⅱ 本講義は、公益社団法人日本証券アナリスト協會の寄附講座です。

また、本研究科のMBAプログラムで修得した知識(特にファイナンス?アカウンティング分野の知識)の総まとめ的役割を果たす科目の一つとして位置づけられています。

具體的な講義內容は、アナリストレポートの作成と日本株アクティブ運用の擬似體験を行います。講義を通じて財務分析?企業戦略分析の能力の向上を図るとともに企業価値評価の方法を習得することを目標とします。

さらにポートフォリオの組成を通じて、銘柄選定方法を學ぶとともに、ポートフォリオ管理のためのリスク分析の考え方、パフォーマンスの評価の仕方について學びます。
毎月の運用成果についてはプレゼンテーションを行い、専門家の評価を受けます。

本講義の対象はアナリストやファンドマネジャーを志望する學生のみならず、広く金融産業に従事する學生、あるいは機関投資家と対峙する事業會社の財務?IR部門に屬する學生、実踐を通じてファイナンス?アカウンティング科目の理解したい學生を対象としています。

ビジネス?プランニング 本科目は、新規事業の事業計畫を少人數のグループで作成することにより、社內起業やソーシャルビジネスも含めたベンチャービジネスを起業する能力を育成することを目的としています。

特に、実現性の高いビジネスモデルの開発と顧客開拓を効果的に行えるマーケティング戦略の構築に重點を置き、顧客現場を重視した肌で感じるビジネスの創出を目指します。

本科目の特色として、起業家やエンジェル、ベンチャーキャピタリストをゲスト?スピーカーとして招いて、実務的な評価を受けることにより、実現性の高いビジネスモデルと事業計畫の作成を行うことが挙げられます。

 

授業の到達目標は、以下の2點です。

?企業理念やビジネスアイデアの創出からビジネスプランの作成までのプロセスを経験することによるベンチャービジネス起業能力の養成。

?競爭優位をもたらすビジネスモデルとマーケティング戦略を策定する能力の養成。

ビジネス?デザイン 本科目は、ビジネス経験があまりない學生を対象に、新規事業の事業計畫を少人數のグループで作成することにより、ソーシャルビジネスも含めたベンチャービジネスを起業する能力を育成することを目的としています。

事業計畫作成プロセスのうち、特にビジネスアイデアの創出、ビジネスモデルの構築に重點を置きます。

本科目の特色として、いくつかの業界の専門家(ABS修了生)をゲスト?スピーカーとして招いて、事業計畫作成のサポートを受けることにより、実現性の高いビジネスモデルと事業計畫の作成を行うことが挙げられます。

マーケティング?プランニング?プロジェクト ブランディングやチャネル政策、コミュニケ―ション政策など、実際の企業のマーケティング上の課題に対して、チーム毎に調査?分析を行い、組み立てた解決策をその企業へ提示します。

そのプロセスは、企業からのオリエンテーションで始まり、顧客のニーズを定量的および定性的に調査?分析したり、自社製品や競合製品を消費者の立場で使用したり、フィールドワークを多く実施します。

また、先進事例の研究やブレーンストーミングといったアイデア発想法なども行い、提案內容を吟味していきます。

最終的には、企業へ提案內容のプレゼンテーションを実施して、企業から評価を受けます。

企業が提案內容を実際に実施する可能性があるので、企業側も真剣に対応してくれ、リアリティの高い學習が繰り広げられています。

 

これまでの主な連攜先企業:
東京急行電鉄株式會社、株式會社明治、株式會社ティップネス、キーコーヒー株式會社、株式會社パソナ、株式會社ヤクルト球団、株式會社西武ライオンズ、公益社団法人日本トライアスロン連合

SDGsコミュニティ?マーケティング 2030年時點での持続可能な社會?環境の実現へ向け、17領域について「SDGs」(持続可能な開発目標)が設定され、行政?企業?市民の各レベルで取り組むことが要請されています。

ABSは「社會的責任を果たし、地球市民として活動する創造的リーダー」の養成を研究科の主眼に置いており、SDGs活動に取り組む人材育成は、重要な科目となります。

この授業では、海外の大學及びビジネススクールで盛んなCBL(コミュニティ?ベースト?ラーニング)手法を本格的に取り入れ、企業?団體?地域?行政などとの連攜?交流を一層深め、社會の価値創造?伝達?提供(マーケティング)を進化させていきます。

受講生は、SDGs社會活動の本質を理解し、自分ごととして活動を構想し、様々な関係者をコーディネートする能力を獲得することができます。

ファイナンス?アンド?テクノロジー 第4次産業革命といわれる技術革新がコンピュータ技術を中核として進行しており、この技術革新の波は既存の産業構造をも熔解しつつあります。

金融部門においても金融(Finance)と情報技術(IT)(Technology)を合わせたフィンテック(FinTech)という言葉を新聞で見ない日は無いほどになってきており、既存の金融機関や新規企業が新たな金融サービスを提供すべく覇を競っています。

経営管理者を養成するビジネススクールは、この技術革新と無関係ではありえません。

ビジネススクールは技術者を養成する機関ではありませんが、この技術革新の動向を理解しなければ長期的には経営方針を策定することは困難でしょうし、短期的にも日々の企業運営を効率的に行うことは困難になってきています。

この科目では、現在進行中の技術革新を理解することができる経営管理者の養成を目指します。

成人午夜福利视频免费网页