TOP

學部の特色?進路就職

FEATURES 法學部の特色

2學科制と柔軟なカリキュラム

法學部は、「法學科」と「ヒューマンライツ學科」(2022年4月開設予定)という2つの學科を擁しています。法學科では、1?2年次で、法學の全體像をつかみ、木の「幹」となる基礎をしっかりと身につけます。そのため、段階的な學びの基礎として、必修科目?基礎科目を1?2年次に集中的に配置しています。それを土臺として、3?4年次では多様な専門科目で専門性を高めていくことができます。ヒューマンライツ學科では、人権問題を理解し問題解決能力を養うために、隣接社會科學の知見も重視しており、法學系の必修科目のほか、政治學や経済學、公共政策の入門科目に加え、社會調査の方法を學ぶ科目が1年次に配置されています。2年次以降は、様々な人権問題について具體的に學び、解決を模索するための知識や思考法を學ぶ多様な授業が開講されます。このように、両學科とも、基礎を大切にしつつ、學生一人ひとりが興味や関心に基づいて多種多様な専門科目を自由に選択することができます。

「演習」科目と「実習?実務」科目の充実

法學科もヒューマンライツ學科も、數多くの「演習」「実習?実務」科目を設置しています。法學部における主體的?能動的學修の基礎を作ることができるよう、學科共通の演習科目である「導入演習」を1年次に配置しているほか、2年次には基礎分野の演習?実習科目を履修することができ、3年次以降は専門分野の調査研究などを通じて學びを深めることができます。特に3年次?4年次に配置している「演習A~C」「演習D(卒業論文)」は、原則として、最終的に卒業論文を執筆する2年間一貫體制の演習科目であり、學生一人ひとりの學びを完成させていくことになります。

學部獨自の海外研修プログラム

法學部は、正規科目として単位認定の対象となる學部獨自の海外研修プログラムを設置しています。大學の夏期休業期間(8~9月)または春期休業期間(2~3月)に実施する短期留學であり、オーストラリア、アメリカ、中國、イギリスという4か國にある法學部の協定締結校などにおいて、それぞれの國?地域の法制度や社會の実情を學ぶことができます。詳細は以下の「法學部獨自の海外研修プログラム」をクリックしてください。

法學部獨自の海外研修プログラム

OUR INITIATIVES 學部の取り組み

法學教育センター

法學部では2021年度から、これまでの法學部附置法律指導室を改組して、新たに法學教育センターを設置します。
法學教育センターは、法學部及び大學院法學研究科の學生へのキャリア支援として、公務員試験や各種資格試験の受験、大學院受験などを志す人への様々なサポートを行うほか、大學院法務研究科(法科大學院)を修了した研修生の司法試験受験もサポートします。また、法學部における學習支援も行い、必要に応じて、専任教員との連絡?調整などを行います。

〇 法學教育センターの事務室は17號館10階1019(大學院法務研究科合同研究室)に置かれます。
〇 開室曜日?時間は、授業期間中の平日10:30?18:30(晝休み13:00?14:00を除く)です。なお、開室時間帯は変更になることがあります。
〇 ローライブラリーが17號館10階1023に置かれており、今後、各種試験の過去問集などを順次揃えていく予定です。

法務省連攜研修

人権、刑事政策、自治體政策、公私協働などの事項について、大學における講義で學習する理論が社會でどのように実踐されているのかを知り、実感することによって、理論と実踐の違いを理解することを目的とするインターンシップです。具體的には、少年院仮退院者等を対象として、就農による自立を支援するため農業等の職業訓練を行い、保護観察官による生活指導や社會技能訓練等を実施している沼田町就業支援センター(北海道雨竜郡沼田町)を訪問し、行政機関?地元住民?入所少年との懇談、農業実習體験を行います。

現地研修に先立って法務省による講義が行われ、この講義に関するレポートを作成するほか、現地研修の終了後も総括レポートを作成することとなっており、理論と実踐の違いに関する體験學習を通して、法を學ぶ意義を再確認します。

この研修は、法務省、立地自治體の協力の下に行われる、大學の正規授業科目としては國內唯一のプログラムです。研修先の北海道沼田町就業支援センターは、少年院仮退院者等を対象として、就農による自立を支援するため農業等の職業訓練を行い、保護観察官による生活指導や社會技能訓練等を実施している施設です。この研修プログラムでは、この就業支援センターの立地自治體である沼田町を訪問し、行政機関?地元住民?入所少年との懇談、農業実習體験を行います。実際に入所少年とコミュニケーションをとりながら農作業を行い、一般的には色眼鏡で見られがちな非行少年の実態に觸れることができます。また、立地自治體である沼田町の保護司や支援団體の方のお話を聞くことで、少年達の更生を支えるコミュニティーの有りようや立地に至るまでの過去の葛藤を學び、社會が非行少年を受け入れることの困難さと可能性に向き合います。
プログラムの後半には、現役の保護監察官を交えて、具體的事例において、自分が保護観察官であったらどのように対応するかを事例を通じて検討する「事例演習」も組み込まれています。実際の少年とのコミュニケーション體験を踏まえたうえで、各自の対応を提案し、意見を交わすことで、個別の場面での対処の難しさを學びつつ、現役の保護観察官の見解も聞きながら、望ましい対応を探っていきます。(擔當教員:府川繭子準教授)

(參考)スケジュール
1.事前講義
2.実習開始前講義
3.沼田町就業支援センターの事業説明?內見
4.農場見學
5.農業実習體験①
6.関係団體「すずらんの會」「保護司會」「明日萌の會」との懇談會
7.沼田町の町政に関する學習
8.農産加工場見學
9.農業実習體験②
10.社會貢獻活動(老人施設での社會奉仕體験等)
11.沼田町就業支援センター入所少年との交流會
12.事例検討會
13.総括

青學法廷劇

青學法廷劇は「連鎖劇」と呼ばれる形式を用いた法律エンタメです。連鎖劇は、生の「演劇」と「映像(映畫)」とを組み合わせた表現形式で、上演の際には、學內に設置された「模擬法廷」が「劇場」に様変わりします。音楽?美術?照明などの舞臺効果も多く用いられ、近寄りがたい?難しいと思われがちな法律(裁判)の世界がドラマチックに描き出されます。
毎年、夏のオープンキャンパスで4回から6回上演し、高校生?高卒生の方、保護者の方など多くの方にお楽しみいただいています。ゼミの學生は、苦楽を共にして1つの舞臺を作り上げることを通じて、かけがえのない仲間を得ながら「大人」へと成長します。(擔當教員:大石泰彥教授)

MOVIES 青學法廷劇

  • 青學法廷劇 第8弾
  • 青學オープンキャンパス2019!「模擬授業/法廷劇」
  • 今週の青學20190724_オープンキャンパス?法廷劇上演のお知らせ

CAREER 卒業後の進路

主な就職先、業種別就職狀況は以下のとおりです。

成人午夜福利视频免费网页