TOP

學びの特色とカリキュラム(比較蕓術學科)

PHILOSOPHY 學科の理念

人間はつねに蕓術とともに歩んできました。人類のスタートである原人たちが用いた素樸な道具に、すでに「用の美」ともいうべき形態への美意識が芽生えていたことは數々の遺物が物語っています。そして、原人から舊人をへて私たちの祖先の新人=現生人類にいたって、お互いの意志を伝える原始言語─それには音楽や演劇の原型も含まれていたでしょう─が生まれ、フランスやスペインの洞窟壁畫が制作されるとともに、やがて文字の出発點としての象形文字が生まれています。これらを振り返ると、蕓術活動こそが人間を人間たらしめている本質といえるかもしれません。
比較蕓術學科は、この人類の根源的能力としての “ 蕓術 ” に著目して生まれました。ここではまず五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、觸覚)をとぎすませて學ぶこと、それが第一のモットーです。それらを通じて最終的には “ 第六感 ” =インスピレーションを獲得することができればとも考えます。ここでのインスピレーションは、“五感”をとぎすませて得られた“叡知”や“創造力” のことです。
この學科では、さまざまな蕓術が人類の叡智の歴史にいかに寄與してきたか、その蕓術的創造力の本質や魅力を學びます。
本學科は、伝統的?古典的な蕓術として長い歴史を刻んできた「美術」「音楽」「演劇映像」という3つの領域で構成されます。これらは古典や伝統、歴史を基盤とする人文學の基本というだけでなく、現代社會の蕓術?文化の本質を知るうえでも欠くべからざる領域といえましょう。これら蕓術諸領域の幅広い比較學習?研究を通じて、學生個々の “ 人間力 ” が確立されることを願っています。

CURRICULUM 學びの特色とカリキュラム

  1. 蕓術を「比較」しながら學ぶ

    「 比較」による學習?研究は、この學科の學びの基本です。1年次の「比較蕓術學入門」は、本學科の専任スタッフと一部非常勤講師によってオムニバス形式でおこなわれるもので、展覧會や演奏會、舞臺、映畫などの鑑賞を前提に、その解説とレポート作成によって?美術??音楽??演劇映像?の実際を比較しながら體験的に學びます。1?2年次の「各領域と文蕓?でも、2分野以上を選択することで各領域と文蕓との関係とそれぞれの本質を學びます。

  2. 文章のデッサン力を鍛える

    この學科では1年次の「比較蕓術學入門」から3?4年次の「演習」にいたるまで、生の作品鑑賞を基本とする學習?研究を積み重ねます。そこでの鑑賞レポートはたんなる感想文ではなく、その作品が具體的に美術なら形體や色調、構図その他、音楽なら楽器や聲の音色、アンサンブルその他、演劇なら役者の所作やせりふ回しその他等々、細部にいたる観察による言語化(ディスクリプション)の訓練を義務づけ、いわば言葉のデッサン力の獲得を目指します。

  3. 古典テクストを読む

    本學科は生の蕓術作品を鑑賞することと並行して、古典テクストの読解にも力をいれます。蕓術作品はいわば歴史や文化の「非文字資料」ですが、やはりそれらの編年や意味の詳細を理解するには文字資料であるテクストの読解が不可欠です。ある國の美術や音楽、演劇映像を真に理解するには、その國々の言語を理解せずして済ますことはできません。「原書講読」では英語はもちろん、漢文?古文のテクストもとり上げます。

  4. 蕓術鑑賞の基本を學ぶ

    「蕓術鑑賞の方法」では、そこに何が表され、何を意味しているのかという美術解釈の基本となる図像學をはじめ、具體的な美術作品の調査法、絵畫や彫刻の簡単なデッサンの技法、西洋音楽や日本伝統音楽の楽曲分析、古い楽譜の解読や演奏法、日本古典蕓能や西洋演劇では演技者や舞踴家による実技を前提とした所作や動きの意味、道具の役割など、作品鑑賞に必須の基礎知識を學びます。

カリキュラム

「比較學習」「古典重視」「鑑賞教育」を學びのコアとして、3つの領域を相互に連関させ、理論學習と體験?実踐學習とを組み合わせながら學び深めていきます。

COURSE MODELS 履修モデル

美術専攻

美術と他の蕓術との違いはどこにあるでしょうか?

洞窟壁畫にしても、ギリシア彫刻にしても、飛鳥時代や奈良時代の仏像にしても、経年による外見の変化こそあれ、「もの」として今も存在し続けており、観る者の心に直接訴えてきます。その美しさに見とれていると「時の隔たり」を忘れてしまうほどです。

しかし美術作品にはもう一つの重要な側面があります。どんな作品であれ「時代の鏡」であり、それを生み出した社會のありかたを反映しているのです。たとえば市民階級が成熟して美術の主な受容者に成長した17 世紀のオランダでは親しみやすい分野である風景畫、風俗畫、靜物畫が獨立して流行し、同じく町民層の富に支えられた江戸時代の日本でも庶民的美術の華である浮世絵が大発展を遂げました。

さらに美術作品は「美術それ自體の歴史」にも深く組み込まれています。古典古代の格言「自然は蕓術の師」に倣って表現すれば「美術こそが美術の師」であり、一見どれほど獨創的に見えようとも、美術作品というものは、程度の差こそあれ、過去に生みだされた偉大な作品の伝統に連なっているからです。作品の真の理解には、美術の伝統を知ることが不可欠なのです。

このコースでは「時代に規定されている」と同時に「時代を超越した存在」でもある美術作品の本質を、さまざまなアプローチを通じて総合的に理解してもらうことを目指します。

● 西洋美術
西洋美術における主な素材と技法、ギリシア神話やキリスト教に関連した主な主題と図像、描寫対象による作品の分類およびその序列の歴史、今日ではとかく「非実用的なもの」の代表格とみなされがちな美術作品が擔ってきた各種の実用的機能、「蕓術家」のイメージの変遷などさまざまな問題について考えます。

● 日本?東洋美術
原始時代から今日まで、日本や東洋にはさまざまな形の美術が生み出されてきました。日本美術では縄文~近現代の美術の様式変遷とその歴史的背景を振り返ります。東洋美術では日本美術と関係の深いもの―仏教美術や水墨畫、工蕓ほか―に焦點をあて、
その理解を深めるとともに、日本美術との比較を通して互いの特色を考えます。

履修モデル

  • ※なお、通史を學ぶため、青山スタンダードで設置されている東洋?西洋それぞれの分野におけるに「美術史A」「美術史B」、および、文學部共通科目の「東洋美術史」「日本美術史」「西洋美術史」もそれぞれ履修することが望ましい。

音楽専攻

人はなぜ、ある音と音との組み合わせに快を感じるのでしょう。
傑作はどうして萬人を感動させるのでしょう。
古今の名曲はいったいどういう仕組みになっているのか、
なぜそのような作品が生み出されたのか、どんな社會だったのか……。

ありとあらゆる音楽が溢れ、しかしメロディもコードも出盡くして、
世代を越えた傑作の誕生が行き詰まっている今こそ、
過去一千年の風雪に耐えた古典に立ち返る時です。

─グレゴリオ聖歌、パレストリーナ、バッハ、モーツァルト、
ベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキー、ヴァーグナー、
ストラヴィンスキー、そしてビートルズ……。
古典の真価に觸れた経験は、
あなたの人生にとってかけがえのない魂の糧となり寶となるでしょう。

音の美の探求は、中世からヨーロッパの大學で営まれてきた由緒ある學問です。
知の源泉を訪ねる旅に出ようではありませんか。

● 西洋音楽
 古代ギリシアから現代にいたる西洋音楽について、名曲を學ぶことはもちろん、政治?宗教や他の蕓術との関係、音楽理論や楽譜の変遷、音楽家という職業、楽器とその演奏法、楽譜出版?演奏會、録音技術の影響など、多角的な視點から考えることにより、音楽蕓術についての幅広い知識と鋭い洞察力を養うことをめざします。

● 日本?東洋音楽
 日本や東洋には様々な楽器や歌による音楽、仮面舞踏や音楽劇のような他の蕓術と関連した多種多様な音楽があります。これらを理解し、その音楽を生み出した人々の美意識や社會的背景、各楽器や楽譜などの伝承方法と現代への変化の過程などを比較?検証することで、人間と音楽の関係を考え、豊かな感性を養うことを目指します。

履修モデル

演劇映像専攻

演劇映像の領域では、演劇と映像という総合蕓術の鑑賞?研究を通して、蕓術の真価やその人生における意味を見きわめる目を養うことを目的とします。

現代の社會を生きる私たちの周囲には、生の舞臺蕓術はもちろんのこと、映畫やテレビのようにメディアを利用した劇的蕓術が氾濫しています。そうした演劇や映像の蕓術をよりよく理解し、またそこから深い感動を味わうために、私たちは何をなすべきでしょうか?

演劇映像の名作に觸れ、ほんものだけがもつ感動を味わうのが第一歩です。そして、古典のテクストをじっくりと読み込み、たしかな知識と鑑賞力を育むことが肝要です。

演劇は人類の歴史とともに歩んできました。舞臺蕓術、およびメディアを活用した映像蕓術が成立するためには、多くの専門家が集い、各自の持てる力を十分に発揮することが不可欠です。まさに総合蕓術といわれる所以です。総合蕓術としての演劇映像には、多様な鑑賞と研究の方法がありえます。古今東西の演劇映像の世界を、美術や音楽との比較を通じて學び、演劇映像が人類の文化や歴史において果たしてきた役割について考えていきましょう。

● 日本古典蕓能
日本における蕓能や演劇の歴史について學び、広い視野の上に立って、歌舞伎や能楽など各時代の事例を取り上げます。わが國には古來どのような蕓能や演劇が存在してきたのでしょうか。また近代への移行期には、西洋文明や文化との出會いによって、日本の演劇はどのような変化をとげてきたのでしょうか。蕓能と演劇の概念やその関係、また蕓能の場や劇場形態、蕓能者や俳優、観客などの諸問題を考えます。

● 西洋演劇
ヨーロッパの古代から現代まで2000 年以上におよぶ西洋演劇の歴史を把握し、上演を前提としたテクスト(戯曲)の読解を行います。演出家、制作者、役者、舞臺美術家、音楽家など演劇にたずさわる人々の仕事を學び、演劇に関するさまざまな視座を構築することを狙いとします。芝居が上演された時代や社會背景に留意しつつ、舞臺蕓術の本質を追究していきましょう。

● 映像?映畫
無聲からトーキー、白黒からカラー、フィルムからデジタルへと、たゆまなく過激な変化をとげてきた現代のメディアの世界を研究の対象とします。映像、音響、時間、編集、鑑賞環境といった諸テーマを設定しつつ、映像や映畫を批判的に學ぶ眼力を養います。さらに、映像メディアの誕生と発展が、今日の社會におよぼした影響についても考究していきます。

履修モデル

COURSE FEATURES 主要科目の特長

美術専攻

科目名 特長
日本?東洋の文蕓と美術A 室町時代から幕末明治まで各時代を代表する〈名品〉を取り上げ、あわせて関連資料を読みながら作品がなぜ〈名品〉と言われるのか、その魅力(美的な特質と史的な意義)について理解を深める。
蕓術鑑賞の方法I(2)
蕓術作品の鑑賞と美術館
西洋の絵畫?彫刻作品を対象に、作品の造形的特徴を言葉で記述する実踐を行う。様式の異なる複數の作品の比較鑑賞を通じて、蕓術作品の特徴をより深く理解する方法を理解してもらう。さらに、美術館の歴史を學ぶことで、蕓術鑑賞の基礎的な知識を身につけることを目指す。
比較蕓術學特講Ⅰ(1) キリスト教は、神の表象(不)可能性や偶像崇拝をつねに問いかけてきた宗教です。不可視の神はいかに表象しうるのか。物質にすぎない聖像が奇跡を起こし、見るものに崇敬、畏怖、祈願、呪詛など多様な反応を喚起し、雙方向的に働きかける「行為主體(actor)」となるのはなぜか。キリスト教のイメージ論を歴史人類學的視座から講じます。
比較蕓術學特講Ⅰ(7)
神像彫刻の出現と展開
奈良?平安前期における神像の出現と展開について、現存作例を中心に眺めつつ、それぞれの造形上の特性や、造形から読み取ることのできる構想に及び、あわせて、研究の最前線について提示して作例をめぐる問題點?論點を明確にしてゆきたい。
蕓術鑑賞の方法Ⅰ(1) 人體?靜物等のスケッチと模寫?模造 美術作品の描寫法や造形法の実際を把握するため、鉛筆等による対象の簡単なスケッチや模寫?模造をおこなう。文章によって即座に言語化できない場合も多いため、さしあたってスケッチ等により印象を定著しておくことは、鑑賞の質を高めるためにも有効である。

音楽専攻

科目名 特長
西洋の文蕓と音楽A 19世紀初頭、ベートーヴェンがシラーの「歓喜の歌」に付曲した《交響曲第9番》を皮切りに、文學と音楽とは一挙にその距離を縮めた。ゲーテ、ビュヒナー、メーテルランク、ワイルド、ショーペンハウエル、ニーチェなどの著作、及びそこから霊感を受けて作られた音楽作品をともに比較し、「言葉を音にする」ことの本質を考察する。
原書講読Ⅱ(1) 英語で書かれた音楽理論入門書の講読を通じて、英文法?英文読解の力の維持と向上をはかるとともに、英語?米語による音楽理論の専門用語(音符名、音程名、リズム用語、調性?和聲用語、楽曲形式用語など)にかんする知識?語彙を増やし、學生が英文による音楽書も研究資料として活用できるようになることをめざす。
蕓術鑑賞の方法Ⅱ(1)
古楽譜の解読と演奏
バロック以前の音楽の原譜は現代とは異なる記譜法で書かれている。我々が使用する楽譜はそれを誰かが現代譜に直したものなのであり、その過程で曲本來のニュアンスが欠落することもあり得る。本実習では、音楽様式の変遷と相互に作用しながら展開した過去の記譜法の修得を通じて、當時の作曲家たちの発想を學んでゆく。
比較蕓術學特講 II (1) 
ワーグナー『ニーベルングの指環』分析
基礎演習、原書講読、音楽史などの授業によって得た基礎的な手法をもとに、クラシック音楽作品にアプローチする具體的な方法を、交響曲、室內楽曲、オペラ、歌曲などの作品を実際に「分析」することによって學ぶ。和聲?対位法、楽曲形式、管弦楽法、語學、あらゆる手法を総合的に駆使する集大成的授業。
比較蕓術學演習Ⅱ(1) 音楽史のテキスト、およびそれに付隨する譜例集、CD?映像資料集、學習ガイドを教材として、中世?ルネサンス?バロック期の音楽について學生が発表を行う。各時代の音楽、およびそれが生み出された社會背景──宗教?政治?文蕓思潮など──についての知識を深めると同時に、文章表現力?プレゼンテーション能力を鍛える。

演劇映像専攻

科目名 特長
西洋の文蕓と演劇映像A 本講義では、ヨーロッパの古代より現代までの2000年に及ぶ演劇の歴史を視野に入れて、演劇が人間の文化において果たしてきた役割について考察を深めていく。「舞臺蕓術とは何か」、「劇的體験の本質とは」といった話題から説き起こし、「舞臺の様式」、「演劇用語」、「舞臺とメディアの関係」等のテーマを取り上げる。
日本?東洋の文蕓と演劇映像A 日本においてはかつてどのような「蕓能」および「演劇」が存在していたのか、言葉の概念と定義から始め、時代を追って概説する。蕓能の始原から、古代、中世(能?狂言)、近世(歌舞伎?人形浄瑠璃)を見渡し、視聴覚資料を用いつつ基礎的な事柄の理解を深め、日本?東洋における蕓能?演劇の特質について考察する。
比較蕓術學特講Ⅲ(1)
シェイクスピアとエリザベス朝演劇
シェイクスピアの多面的な劇世界を解読する。シェイクスピアの生涯や英語といった話題からはじめて、悲劇?喜劇?歴史劇という諸ジャンルの解釈を試み、名せりふに対する知見を深めていく。エリザベス朝の劇場構造や劇団の成立についても論じる。またシェイクスピアを原作とするオペラや映畫なども考察の対象とする。
原書講読Ⅲ(1) 謡曲?歌舞伎の臺帳?人形浄瑠璃の正本など、日本の古典蕓能における上演の基本となるテキストを読解する。本文の詳細な読み込みとともに、実際にどのように上演されるのかということにも目を配る。テキストの読解のための技術を身につけ、向上させつつ、日本の古典蕓能?日本の演劇の特質について考究する。
比較蕓術學特講Ⅲ(5) 120年以上に渡って蓄積されてきたさまざまな映畫表現について通史的に學ぶ。技術史(サイレントからトーキーへ、アナログからデジタルへといった変遷)、時代を畫した作り手たちについて掘り下げる作家論など、多角的にアプローチする。それぞれの時代、地域、ジャンル、作家に固有の映畫の魅力を味わう。

CAREER 進路就職

取得可能な資格として博物館學蕓員、図書館司書、社會教育主事があります。學科関連の分野としては、マスメディア?文化?蕓術関連をはじめ、サービス、観光?旅行、環境?福祉?情報関連の企業や公務員にも將來の道が拓かれています。

ACADEMIC CATALOG 授業要覧(科目一覧)

SYLLABUS 講義內容検索(シラバス)

成人午夜福利视频免费网页