TOP

日本文學科

DEPARTMENT OF JAPANESE LANGUAGE AND LITERATURE

AOYAMA CAMPUS

常に、“現代”というまなざしをもって
日本の歳月と風土が培った作品世界に學ぼう

MOVIES 動畫で知る日本文學科

FEATURES 學科の特色

  1. 學生の多様な研究心を満たす豊富な教員と集中講義

    日本文學科は、日本文學?日本語學と、それに関係の深い中國古典文學?日本語教育學とから成っています。在籍する學生の要望もまた多種多様で、日本でも有數の教員スタッフ充実度を誇ります。最も古い上代(奈良)から近代(明治以降)までの文學の領域や日本語學はもちろん、中國古典文學や日本語教育まで、ほぼ全ての分野をカバーする専任教員がいますので、みなさんが抱いたどのような研究上の疑問?相談にもこたえてくれるでしょう。さらに2013 年度から日本文學コースと日本語?日本語教育コースの2 コースに分かれ、一層充実をはかっています。

  2. 日本文學?日本語學?中國古典文學の醍醐味を學習で味わう

    2~4年生合同の演習形式の専門科目を多數開講し、みなさんが能動的に學べる環境作りを進めています。なぜなら日本文學は、講義を聴くだけの受身の學問ではないからです。先行説を広く調べ、それらと自分の考えとの相違を整理して発表し、更に學生?教員との議論を通じて、作品の読みやことばの理解が深められて行くのです。演習の現場は、発見と驚きに満ちた小宇宙です。

  3. 日本語を教えるには、日本を理解することから始まる

    日本語をまったく話せない人々にことばを教える―日本語教育の現場は、異文化が觸れあう交流の場と言えます。そこで日本語教師に求められるのは、単なる指導技術だけではありません。日本の文化に関する正しい知識、そして自國のことばに対する深い理解を持った人材が、求められているのです。日本語?日本語教育コースでは、外國人留學生を対象にした教育実習などを學生が経験することで、異文化の橋渡し役となる人材になれるよう指導をしています。

  4. 海外の大學との國際交流を通して、日本文學?日本語を再発見する

    青山學院大學文學部日本文學科は、海外の大學の日本語?日本文學を専門とする學科との交流を積極的に進めています。教員間の學術交流、學部生?大學院生の共同プロジェクト(交流行事)などが行われています。海外の大學で日本語?日本文學を學ぶ人々とともに學ぶことで、日本語?日本文學を再発見します。また、互いの言語?文學?文化を深く學ぶことで、相互理解を深めます。そして、ともに人間社會の課題の解決と発展に貢獻することをめざしています。

PICK UP LECTURES 授業紹介

文學交流入門

日本文學は、外國の文學や文化の影響を受けたり、外國に輸出されるなど、どの時代にも外國と交流しながら作られてきました。日本國內だけで日本文學を見るのではなく、國際的な視野から日本文學を見つめ直します。

日本文學特講Ⅰ[9]

明治期から現代までの文學作品のなかからいくつかを取り上げ、近代~現代の「生」「死」の概念とそれがもたらす効果、変容を考察します。さらに、文學作品を通して、近現代社會の規律、管理の在り方を理解します。

日本語學特講Ⅰ[1]?Ⅱ[1]日本語學特講Ⅰ[1]?Ⅱ[1]

日本語とデータサイエンスの研究をします。近年非常に必要性が高まっているデータサイエンスは、コンピュータを用いて、大量のデータを分析することで、従來にない結果を得られ、AIの基礎となります。本授業によって、データサイエンスとAIの基礎を學ぶことができます。

日本語教育概論

日本語?日本語教育コースの必修科目です。國內外の日本語教育の現狀や學習者の多様化、指導內容、教授法、評価法などについて學びます。視聴覚教材を活用しながら講義形式で進めますが、話し合いや課題提出など、考えながら理解を深めていきます。

日本文學特講Ⅰ[7]?Ⅱ[7]

江戸時代後期のさまざまなジャンルを取り上げて、作品を読み解きます。読本(歴史伝奇小説)や黃表紙?合巻(漫畫)を中心に、その伝奇性、風刺性、寓意などを探ります。浄瑠璃?歌舞伎などの演劇や、浮世絵についても取り上げ、江戸文學との深い関わりについて學びます。

PICK UP SEMINARS ゼミナール紹介

日本文學演習Ⅰ[1] 

「書物?萬葉?交流」がテーマ。日本最古の歌集『萬葉集』と、「文學交流」(例えば、戦爭、翻訳)に関わる近代詩を往還しながら、「詩」を多角的に読み解きます。書や活字による「詩」の造形性も研究します。豊饒な「詩」の世界を、各自の感性を大切にして探究する授業です。

日本文學演習Ⅰ[14] 

近現代文學の作品を取り上げ、さまざまな資料や先行論文を探し、発表や討議を実際に行うことによって、文學研究の方法を実踐的に學んで行きます。研究が進むにつれて、どんどん読み方が深まっていくのを実感することができると思います。

日本語學演習Ⅱ[1]

文學作品などの身近な日本語の表現に觸れながら、語用論の基礎知識や研究法を學びます。ディスカッションを通して、日本語表現の奧深さを探求していきます。

成人午夜福利视频免费网页