TOP

教育研究上の目的と3つのポリシー(數理サイエンス學科)

POLICY 教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

數理科學に関する基本的な知識と基礎學力を身につけ、抽象化、普遍化を含む理論的な考察およびコンピューターシミュレーションを合わせて用いた考察により、様々な問題の本質へアプローチすることができる人材を養成する。取り扱う問題としては、數理科學の問題のみならず、自然科學や社會科學などにおける數理科學の応用分野も扱い、問題の理解と數式を用いたモデル化から問題解決とその発表までを経験することにより、論理的な考察力、問題解決能力、コミュニケーション能力を備えた學生を社會に送り出す。

ディプロマポリシー(卒業認定?學位授與の方針)

■知識?技能
専門能力として、種々の対象を數理的モデルに基づいて分析し、問題點を理解し論理的に解決できる能力を身につけている。基礎的素養として、英語、情報技術を身につけている。すなわち、多様な問題に対しその解決に向けたアプローチの方法の基礎を身につけている。

■思考力?判斷力?表現力
基礎知識に基づく対象の観察と問題把握、分析と解析の訓練に基づく洞察力と判斷力、およびこれらを客観的かつ論理的に再構築し、あるいは本質的な點を抽出しモデル化することによって、考察対象の問題點とその解決案を他者に伝える能力を身につけている。

■意欲?関心?態度
現実世界で遭遇する未知の問題を理解する探究心を身につけている。難しい問題にも関心を持ち?真摯な態度で問題に向き合い、解決するために創造力を発揮できる研究者、教員、技術者となる意欲を持っている。

カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

基礎を重視しつつ、自然科學や情報科學の種々の分野への応用にも目を配った數理サイエンスの教育を通して、創造的かつ人、社會および自然環境に対して責任を擔いうる研究者、教員、技術者を育成する教育プログラムを構築する。

1年次の授業科目では、基礎的素養として、コミュニケーション?ツールとしての英語、コンピュータ?リテラシー、システム分析および數理サイエンス學習の基礎としての數學、システム開発の基礎として情報技術の習得を重視する。また、數理科學に関わる學問分野に共通の基礎である解析學、線形代數および基本的な論理に関する講義と演習を必修科目として配置する。

2年次の授業では、1年次の學習を受けて,數理科學において重要な代數學、幾何學、集合論、確率統計等を選択必修科目の形で配置する。これらの科目は演習と組み合わせて授業を行い、基礎的な學力を習得し定著させる。また、コンピュータ、數値解析に関わる學習も開始する。

3年次では、応用數學の一部を含んだやや専門的な講義科目を配置し、より実踐的な基礎知識の素養を付けるとともに、本學科の教育目標の一つである「多様な分野への応用」が達成できるようにいくつかの専門科目を配置する。同時に、論理的思考力やコミュニケーション能力を伸ばすために、「數理専門演習」を必修科目として配する。

4年次では、カリキュラムの集大成として、いずれかの研究室に配屬され、卒業研究を行う。そして、純粋數學の従來型の問題のみならず、基礎的な數學に立腳した身近な問題へのアプローチ、非線形數學や生物數學などへの応用、新しいアルゴリズムに基づく數値解析やファイナンス數學などから研究テーマを選んで、教員の指導のもとで専門書の講読、演習、研究を行い、卒業論文へつなげる。

アドミッションポリシー(入學者受入れの方針)

■知識?技能
専門分野を學ぶ上で必要な外國語、數學、理科などについて內容を理解し、高等學校卒業相當の知識を有し、とくに、數學の基礎學力を有している。

■思考力?判斷力?表現力
高等學校卒業相當のレベルで、物事を多面的かつ論理的に考察し、自分の考えをわかりやすく表現し、伝えることができる。

■意欲?関心?態度
學科の特徴を理解した上で、數學および自然科學関連分野に興味があり、専門知識や専門スキルを活用して社會に貢獻しようとする意欲があり、興味を持っている。

成人午夜福利视频免费网页