TOP

學びの特色とカリキュラム

CURRICULUM 學びの特色とカリキュラム

學びの特色

“未來を創造する機械工學”をモットーに、4力學(熱、機械、材料、流體)を基盤とする5分野を展開。メカ?エンジニアリングに最新ソフトウェア技術を組み合わせた知見を養います。航空宇宙工學分野ではJAXAと連攜するなど実體験重視のカリキュラムを編成し、學生一人ひとりが自ら創意工夫する力を育みます。

21世紀を支える"ものづくり"とは?ハードとソフトの知を結集し、可能性を拡げよう。

機械創造工學科は"未來を創造する機械工學"を掲げ、自動車産業、重工業などで不可欠な広範囲の工學を基盤に、ソフトウェア技術を組み合わせることで、夢のある心豊かな"ものづくり"を志向する獨自の工學を推進しています。その根底には"人と社會と自然の共存"という大命題があります。21世紀が求めるものづくりには、この命題をクリアするための創造力と想像力が欠かせません。
例えば、航空宇宙工學分野では、早くから、JAXAとの連攜による先端研究を進めており、材料學分野においても國內トップレベルの研究に取り組んでいます。
本學科は、學ぶ一人ひとりが、こうした自ら創意工夫する力を主體的に身につけられるよう、実體験重視のカリキュラムを編成。1年次から、身近な題材で創る楽しさを體感できる「體験演習」を開設するなど、基礎から応用までの生きた機械工學の學問を各分野の最先端で活躍する教員陣の指導のもと、その醍醐味を味わいながら機械創造工學の核心に迫っていきます。

COURSE MODELS 履修モデル

※ここで紹介する履修モデルは、あくまでも一例です。

COURSE FEATURES 主要科目の特長

理工學部共通

科目名 特長
English CoreⅠ-a 主に英語のリーディング力並びにリスニング力向上を目指す。リーディング力としては、日常的に非常によく使用される表現で書かれた比較的短く簡潔なテキストを読み、內容を理解することができる力の獲得を目指す。また、リスニング力としては、はっきりとゆっくりとした発話?発音であれば、具體的な必要性を満たすことができる程度に理解できる力を養成する。
English CoreⅠ-b 英語の読解力と作文力を伸ばすことを目的とする。文章構成を理解し、內容を正確に読み取り、要約する力を養っていく。特に筆者の姿勢や視點が出ている記事や報告文が正確に読めるようになることを目標とする。また、関心ある話題についてつながりのあるテクストが書ける力を高めていく。正確な読解力?作文力のために、語彙?文法?句読法も取り上げる。
English CoreⅠ-c 英語のリスニングとスピーキング力を伸ばすことを目的とする。ゆっくりと明瞭に話された言葉を理解し、自分自身や自分の家族?學校?地域などの身の回りの事柄に関連した句や表現が把握できる力を養っていく。また、簡単な英語で意見や気持ちを伝達し、賛成や反対などの意見を表現し、類似點や相違點を表すことができるようになることを目指す。
English CoreⅠ-d 趣味や好き嫌いについて複數の文を用いて、簡単な語や基礎的な表現を使って書いたり、話したりすることができる。自分の経験について辭書を用いて、短い文章を書いたり、話したりすることができる。前もって発話することを用意した上で、日常生活に関する簡単な事実を、簡単な語や基礎的な句を限られた構文を用い、複數の文で描寫できる。

學科主要科目

科目名 特長
工業力學&工業動力學 この授業の內容は2年生以上の専門科目で學ぶ力學(材料力學、機械力學、熱力學、流體力學)の基礎となるものであり、機械や構造物に作用する力とその動きを理解するための力學の基礎を學ぶ。ニュートンの法則とダランベールの原理を基礎として、靜力學と動力學について理解を深めると共に応用能力を高める。
材料力學 機械や構造物を構成する部材が、それに作用する様々な外力の下で過度の変形を起こしたり壊れたりせず、要求された機能を発揮できるように材料を選択し必要で十分な寸法を決定することが材料力學の目的である。そのために、固體材料に作用する力とそれにより生じる変形などを求める方法について學ぶ。
機械力學 機械力學は機械の動きと力の関係、特に振動の基礎を理解することを目標としている。自動車のサスペンションなどを例題に用い、機械の運動により生じる慣性力、重力、ばね力、外力などの時間的変動よって生じる応答について力學的理解と現象の特徴を把握する力を養う。
熱力學 熱力學はエネルギーの一形態である熱と力學的な仕事の変換に関する原理、原則を習得する學問である。熱の授受に伴う物質の狀態変化の関係を理解することにより、自動車のエンジンや火力発電所などの設計に繋がる、機械系の根幹をなす學問の一つである。
流體力學 流體力學では様々な物質の流れを扱っている。例えば、水道やエアコンの様な身近な流れから、飛行機?ロケットとそのエンジン、果ては地球大気や海流までを授業の対象としている。また他の多くの大學と異なり演習とペアになっており、問題を解く事によって、學習法を習得し応用力を養成する事を目指している。

ACADEMIC CATALOG 授業要覧(科目一覧)

SYLLABUS 講義內容検索(シラバス)

成人午夜福利视频免费网页