TOP

研究室紹介(物理科學科)

物理科學科は、超伝導技術の実用化、高エネルギー天體の観測とモデリング、生物分子の1分子観測、原子狀態と電磁波との相互作用などの研究分野を得意としています。これから重要になる生命科學の研究分野では、理論や數値解析にも力を注いでいます。マクロな物理學として地震や摩擦現象の研究も行っています。歴史的には物理學の研究手法は、理論と実験に分かれていました。しかし、現在では、シミュレーションツールの発達や多彩な実験裝置の市販により、その境界がなくなりつつあります。物理科學科の教育においては、理論としてのモデリングから実験裝置の物理學的原理まで、両方の手法を學ぶことを目的としています。そして4年次より科學の研究に従事します。具體的には、物性では、超伝導物質の探索から実用化まで、そのメカニズムにおいては、磁性との関係の解明などを研究課題としています。原子物理では原子や分子に著目して、マイクロ波や可視光と原子の相互作用、生物物理では細胞內の分子の運動の可視化による1分子観測から、統計的に集団としての高分子同士の相互作用を基盤とした生命現象の理解などを研究しています。摩擦や地震の研究も理論的モデリングだけではなく、現実的な実験モデルも用いています。宇宙物理の領域では、特にx線?γ線などの高エネルギーの測定裝置の開発、観測、そして解析を中心に、ブラックホールや超新星爆発など注目度の高い天體現象の解明を目指しています。最近では重力波とこれらの電磁波との同時観測とその理論的な研究も行っています。

LABORATORY LIST 研究テーマと內容

教員名 研究テーマ
北野 晴久 超伝導體や電荷秩序物質における電荷ダイナミクスの探求
固有ジョセフソン接合の位相ダイナミクス解明と量子ビット応用
下山 淳一 新しい高溫超伝導體の設計と探索
機能性物質の開発と物性制御
富重 道雄 分子モータータンパク質の一分子計測
多數の分子モーターによる秩序形成
古川 信夫 巨大磁気抵抗物質や高溫超伝導體における量子多體効果
コンピュータシミュレーションを用いたデバイス材料の物質設計
前田 はるか 勵起原子に誘起されたコヒーレント高速非線形光學現象の理解と量子制御
磁気光學トラップ中に生成された冷卻リュードベリ原子多體系の研究
松川 宏 紙から分子、粉體、地震に至る様々な摩擦現象を、理論的數値的及び実験的に研究し、その普遍性と個性を解明する
三井 敏之 細胞のダイナミクス
ナノデバイスの生命科學への応用
吉田 篤正 人工衛星等を用いた天體現象の観測的研究および観測裝置の開発
主にX線?ガンマ線領域での観測にもとづく突発天體現象の研究
坂本 貴紀 重力波源の電磁波対応天體の探査
高エネルギー突発天體の観測的研究
山崎 了 ブラックホール誕生の瞬間、ガンマ線バーストの起源
高エネルギー宇宙線、高エネルギーガンマ線の放射天體の解明
宇宙の出來事を地上に再現する:実験室宇宙物理學
坂上 貴洋 細胞內での物質輸送や、DNA?染色體の動態?機能をはじめとした生命現象についての物理的な研究

RESEARCH THEMES 學生の研究テーマ例

  • 鉄カルコケ?ナイト?超伝導體の微小接合素子作製と電気化學的I-V特性制御
  • 異種高溫超伝導體接合のための中間超伝導層の開発
  • SU(4)Heisenbergモテ?ルにおけるSchwinger-boson平均場解析
  • ストロンチウム原子のhigh-l Rydberg狀態のマイクロ波分光
  • 速度?狀態依存摩擦則を用いた地震の研究
  • ナノホ?ア付近のDNAの挙動解析
  • 細胞核內て?展開されるクロマチンの時空間構造解析
  • 細胞分裂に関わるキネシン5のネック領域変異體の高速一分子観察
  • ハ?ルサー星雲のスヘ?クトル進化と超新星殘骸 SN1986J
  • カ?ンマ線ハ?ーストと重力波の同時観測と理論研究
  • TARGETを用いた重力波対応天體の探査に向けたシステム開発
成人午夜福利视频免费网页