TOP

學部概要(社會情報學部)

MESSAGE 學部長メッセージ

社會×人間×情報を融合し、イノベーションを創出

政府か?構想を掲け?るSociety5.0の社會て?は、科學技術の発達によってさまさ?まな業界の連攜か?進むと考えられています。異なる領域の知見を応用し、これまて?にない価値を生み出すには、専門性にとらわれない多様な視點と知識か?欠かせません。

社會情報學部て?は、文系の「社會科學」「人間科學」と理系の「情報科學」を融合させた學ひ?により、各専門分野をつないて?新たな発想へと導く力を培います。入學後早い段階からコア科目て?3分野の概要を學ひ?、2年次以降は學際領域のリエソ?ン科目や専門分野のエリア科目なと?を履修することて?、次第に専門性を高めていきます。さらに、フ?ロシ?ェクト?ヘ?ースト??ラーニンク?(PBL)を通し?て、創造的協調作業の中て?課題を解決する方法を模索。修得した知識やスキルを生かして実際の問題について考える経験は、確かな実踐力を育んて?くれます。また、國際的な活躍を意識した學部獨自の英語教育に加えて、テ?ータにもとつ?いた論理的思考力を養う統計學、フ?ロク?ラミンク?の授業を必修化。

このような文理の枠を超えた本學部の學ひ?は産業界て?広く受け入れられ、卒業生は情報通信をはし?め、金融、サーヒ?ス、卸売?小売、製造、その他幅広い業種への進路を切り拓いています。これから入學される皆さんにも、ここ相模原キャンハ?スて?多彩な領域の融合知を學ひ?、世界を明るくするイノヘ?ーションの創出に挑戦してほしいと思います。

——社會情報學部 學部長
宮川 裕之 [Hiroyuki Miyagawa]

ABOUT US 社會情報學部について

教育研究上の目的

青山學院大學社會情報學部の教育研究上の目的をご紹介いたします。

社會情報學部は、人文科學、社會科學と情報科學を融合させ、従來の文系、理系の枠に捉われない多角的な視點から現代社會の問題點をえぐり、その問題解決を自らが図ることのできる高度な人材養成を目的とする。 すなわち、従來の専門領域が対象とする人間?社會?情報の各分野に対して、それらが複雑に絡み合う分野を専門領域とし、これら三分野に共通する基盤教育と、①社會?情報、②社會?人間、③人間?情報という新しい3種類の専門領域における問題解決への新たな取り組みを目指すものである。

本學部では、これら3つの専門領域に対応させた社會?情報コース、社會?人間コース、人間?情報コースを設置することで、以下のような人材を育成する。
人と人、社會と人のコミュニケーションのあり方や組織の設計、組織における意思決定や知識の有効な活用法、経済活動そのものやそれがもたらす人間社會への問題の解明、経済活動と直結した人間心理の解明、企業や政策そのものやそこにおける人的要素の解明、そして知識基盤社會やそれが人間に及ぼす影響の解明ができる人材を養成する。
理論と実踐に基づく情報技術を駆使して大量データの分析を行うことができ、論理的な取り組みや理論的背景を理解することによって、人や社會に內在する「なぜ?」に対して説明ができる人材の養成を行う。

ここで養成される能力は、現代の複雑な社會におけるあらゆる分野で「地の塩、世の光」となり活躍しようとする人々にとって必要不可欠なものである。
以上の目的を達成するために、社會情報學部においては、教育研究の両面で専門領域の深化を目指すだけでなく、他の専門領域をも意識した取り組みを実踐していく。

成人午夜福利视频免费网页