TOP

SD(Staff Development)実施の方針

SD(Staff Development)実施の方針

青山學院大學では、SDの実施に関する方針を以下のとおり定めています。

SD実施に関する方針

青山學院大學は、「青山學院の求める人材像」に基づき、自らの役割を果たしてその成果を大學に還元できる職員を育成するため、教職協働による大學運営に必要となる広範な知識?技能を習得させる研修を実施する。

<青山學院の求める人材像>
● キリスト教教育を理解し、協力できる人材
● 本學の伝統の継承と発展?成長を最優先に考え、主體的な行動ができる人材
● 視野を広く持ち、変化に対する柔軟な発想力と実行力を持った人材
● 學生、生徒、児童、園児達の學園生活に対し進んで貢獻する意欲のある人材
● 常に問題意識を持って、業務課題?改善に対して積極的にチャレンジすることができる人材
● 國際交流への広い関心と熱意のある國際感覚に優れた人材

SDプログラム(年度計畫)

SD実施に関する方針に基づき、人事部能力開発支援課とも連攜して、以下の研修を実施する。

(1)學內研修プログラム
本學職員に求められる必要な能力や知識を習得するために、職位や役職に応じた研修を実施する。また、大學事務局における各部署が所管する業務內容や情報等をテーマとして、本學職員が業務遂行に必要な知識に対する理解を多面的に深めるための研修を実施する。

(2)學外研修プログラム
外部機関への出向や派遣、外部機関が主催する各種能力開発プログラム等を通じて、大學運営に資する幅広い知識?視野?実踐的手法を養うための研修を実施する。

(3)自己啓発支援プログラム
(1)および(2)のほか、本學職員が自主的な能力開発を行うための研修を実施する。

成人午夜福利视频免费网页