TOP

総合プロジェクト研究所 AGU PROJECT RESEARCH INSTITUTE 統合研究機構

企業や公的機関から得た外部資金を原資とするプロジェクトから構成されており、
今後の発展が期待される研究の推進と支援を行います。

運営

當研究所は、科學研究費補助金をはじめとする公的研究費配分機関からの競爭的資金や、企業との共同研究?受託研究によって獲得した外部資金によって運営されています。

役職員

所長 黃 晉二
副所長 遠藤 光暁

研究活動?體制

當研究所は、企業や公的機関から得た外部資金を原資とする「外部資金プロジェクト」によって構成されています。
各プロジェクトは、プロジェクトリーダーを所長とする獨自の研究所を設置することができ、各プロジェクト研究所には大學から予算的支援が行われます。
また、他研究機関や企業の研究者がプロジェクトにスムーズに參畫できる客員任用制度の整備にも取り組んでおります。

RESEARCH 研究所一覧

SDGs人材開発パートナーシップ研究所

新型コロナウイルスとの共存がニューノーマルになることを想定した上で、新時代のSDGsの観點から、日本政府SDGs推進本部から提唱された「SDGsアクションプラン2020」の3本柱を捉え直して、未來戦略デザイン志向の3つの研究課題を設定して、それらの実踐を擔えるSDGs人材開発に取り組む。

詳細はこちら

エネルギーハーベスティング研究所

多くが廃棄されている膨大な熱エネルギーなど、身の周りの環境にあるエネルギーを効果的に電気エネルギーに変換する材料?素子の基本概念と設計指針を世界に先駆けて提示する。

詳細はこちら

學習コミュニティデザイン研究所

これからのリカレント教育に大學がどのような役割を果たせるのかを學習コミュニティデザインの視點から調査?研究する。

詳細はこちら

環境電磁工學研究所

電波洪水とも呼ばれる環境において、その改善の救世主ともなる電波吸収技術や電波シールド技術等について精力的に研究を推進する。

詳細はこちら

金融技術研究所

従來の金融技術開発とは一線を畫し、少子高齢化?経済成熟化といった大きな社會構造変化を踏まえ、生活者の視點から文理融合型の新たな金融技術の研究開発を行う。

詳細はこちら

國際開発戦略研究センター

望ましい制度変化のパターンとそれを促進する條件の理解を深め、経済発展と貧國削減のための開発政策立案に貢獻する。

詳細はこちら

混合研究法教育開発センター

複雑な課題の解明に適した、量的?質的研究を単一の研究プロジェクトの中で戦略的に用いる「混合研究法」を看護研究の新たなアプローチとして普及するために、その教育モデルを確立する。

詳細はこちら

コンピュータグラフィックス研究所

柔らかい変形物體(粘弾塑性體)や粉體といった多種多様な物體を対象として、その物理ベースのシミュレーション技法を開発し、究極的リアリズムの実現を目指す。

詳細はこちら

ジェロントロジー研究所

日本は世界でも類を見ない超高齢化社會への道を進みつつある。これを喫緊の課題として社會に啓蒙し、高齢者を新たな社會資産?経済市場と捉える発展的思考で文理融合型研究を推進することで、新たな學問分野の開拓やイノベーションを目指す。

詳細はこちら

生體分析化學研究所

低酸素環境にある腫瘍細胞を標的とし、診斷と薬剤の投與を同時に行うセラノスティクス(低酸素セラノスティクス)を実現する分子システムを確立する。

詳細はこちら

知財と社會問題研究所

企業の知的財産(IP:Intellectual Properties)を活用した社會貢獻モデルを構築する。

詳細はこちら

地理言語學研究センター

聲調を主とした音韻特徴に重點を置き、東アジアに軸足を置きつつも、さらにアジア全域?アフリカ?ヨーロッパひいては全世界を視野に入れた地理言語學的研究を展開する。

詳細はこちら

ナノカーボンデバイス工學研究所

本研究所では、グラフェンやカーボンナノチューブなどのナノ炭素材料が待つ優れた物性を最大限に活用した新規デバイス(アンテナ、センサーなど)の実現に向けて、材料合成技術、物性制御技術、デバイス作製技術などについての研究に取り組む。

詳細はこちら

脳科學研究所

動物をモデルとした行動や情動の研究から、脳の高次機能の動作原理を明らかにする。心を理解することで、心身の健康に資する、人間が人間らしく生きるために必要なことを見出す。

詳細はこちら

バイオインフォマティクス研究所

タンパク質群のビッグデータを基に、バイオインフォマティクス技術を用いることで、細胞內のタンパク質機能の全容を捉え、それらの予測や制御を目指す。

詳細はこちら

ピクトグラム研究所

ピクトグラムの共創、共有プラットフォームを構築し、學際的アプローチに基づく新たなピクトグラム利活用の可能性について探究する。

詳細はこちら

フォトクロミック材料研究所

フォトクロミック分子の応用分野で求められている「可視光勵起」と「波長選択勵起」を実現する革新的な可視光応答非線形光スイッチシステムを創成する。

詳細はこちら

未來材料化學デザイン研究所

発光性希土類ランタニド錯體の奇異な光化學の支配因子を解明し、ソフトクリスタルの界面制御による分子集合體の新たな光物性の開拓を目的とした研究を推進する。

詳細はこちら

ヨーロッパ初期中世史研究所

初期中世ヨーロッパ世界における社會秩序の創出?維持のメカニズムの解明を念頭に、多民族國家フランク王國の法文化(群)の形成?変容過程を明らかにする。

詳細はこちら

お問い合わせ

青山學院大學総合プロジェクト研究所

  • 所在地

    〒150-8366 東京都渋谷區渋谷4-4-25

  • メールアドレス

    agu-tkk@aoyamagakuin.jp

  • 電話/FAX

    03-3409-7472/03-3409-4184

  • 事務取扱時間:授業期間中

    【月?金】 9:00~11:30 12:30~17:00
    【土】 9:00~11:30  12:30~13:00

  • 事務取扱時間:夏期特別期間

    【月?金】9:00~11:30  12:30~16:00
    ※土曜閉室

  • 休業期間

    夏期:2020年8月14日(金)~8月20日(木)
    冬期:2020年12月23日(水)~2021年1月7日(木)

成人午夜福利视频免费网页